微睡みの旋律の中で

好きな事や好きな服、食べ物、出来事なんかを徒然なるままに書き連ねたい

To Do リスト (2)

さて、それでは書いていきましょう!

 

何の話やら?って方は前の記事からどうぞ!

 

思いついた順なのでデカイ小さいは疎らになってしまうと思います。

 

1.アルファロメオのスパイダーを買う

 

2.人脈を広げたい

 

3.伝説の日本酒、北雪 大吟醸を飲む

 

3.親に車を買ってあげる

 

4.一生を捧げてもいいと思える人に出会う

 

5.友人の結婚式でスピーチをする

 

6.長期の旅行を友人としたい

 

7.人の心を動かせるような音楽を作りたい

 

8.自傷癖を治したい

 

9.髪の毛を全く色素の無い白にしたい

 

10.人に教えられるレベルの化粧男子になる

 

11.バンジージャンプがしたい

 

12.スカイダイビングもしたい

 

13.二重の整形をしたい

 

14.全国のポケモンセンターに行きたい

 

15.ホワイト企業に転職したい

 

16.娘の彼氏に「うちの娘はやらん」と言いたい

 

17.娘の彼氏と仲良くなりたい

 

18.娘の結婚式で号泣したい

 

19.猫を飼いたい

 

20.まふまふさんに会ってみたい

 

21.よききくんにも会ってみたい

 

22.寝飽きるまで眠りたい

 

23.猫背を治す

 

24.朝人間になる

 

25.人を泣かせられる小説を書いてみたい

 

26.夜通し運転して綺麗な海に行きたい

 

27.音楽活動を再開したい

 

28.母校にお邪魔して感傷に浸る

 

29.ワイルドスピードを完結まで観たい

 

30.タトゥーを刺れたい

 

31.人に馬鹿にされない職に就きたい

 

32.キャンプがしたい

 

33.同棲がしたい

 

34.シェアハウスもしたい

 

35.フリーハグをしてみたい

 

36.友人と夜通しホラゲをやりたい

 

37.ロンドンに行きたい

 

38.献血に行く

 

39.マスター、いつもの。って言う

 

40.カッコイイオッサンになる

 

41.伊勢神宮で参拝しつつ地酒を嗜む

 

42. T.Mさん(イニシャル)と仕事をする

 

43.普通の暮らしを作る

 

44.軍艦島に行く

 

45.一生着たい服を着る

 

46.おしゃれさんになる

 

47.服のデザインをしてみたい

 

48.また大勢の前で歌いたい

 

49.美味しくブラックコーヒーを飲みたい

 

50.幼馴染に会う

 

51.同姓同名の人と会いたい

 

52.水族館に行きたい

 

53.血の繋がった父親に会う

 

54.ワイシャツの似合う大人になる

 

55.ダイエットをする(-10kg)

 

56.小学生の頃の恩師に会う

 

57.温泉旅館に泊まりたい

 

58.死ぬ迄本を読み続けたい

 

59.富士山から日の出を見る

 

60.生け花とかしてみたい

 

61. 人を使う側の人間になりたい

 

62.武骨で男臭いガレージが欲しい

 

63.タランチュラを飼いたい

 

64.クリエイティブな事をしたい

 

65.手取りで35万円稼げるようになる

 

66.頼り甲斐のある男になる

 

67.北海道に旅行に行きたい

 

68.外車に乗りたい

 

69.ラペルピンを買う

 

70.仲良しのフォロワー全員に会う

 

71.完全に自分のお金でクラブのVIPでシャンパンを開けたい

 

72.でかい雪だるまを作りたい

 

73.釣りがしてみたい

 

74.ペン字を練習したい

 

75.文章力の向上

 

76.フルスペックのMac bookを買う

 

77.DTM復帰

 

78.ダブルベッドを買う

 

79.パソコンのメモリを拡張する

 

80.2着目の浴衣を買う

 

81.実家暮らしをやめたい

 

82.貯金!

 

83.吐くまで桃を食べたい

 

84.お酒強くなりたい

 

85.服屋さんでこっからここまで

くださいってやる

 

86.ヴィヴィアンのオーブライターを買う

 

87.まふまふさんと曲を作る

 

88.プロレスを見に行く

 

89.けいおんの聖地に行く

 

90.宮崎のキツネ村に行く

 

91.野球がしたい

 

92.好きな漫画を完結まで読みたい

 

93.高級な寝具を揃える

 

94.5弦ベースを買いたい

 

95.綺麗な部屋の維持

 

96.禁煙

 

97.禁酒

 

98.焼き魚を綺麗に食べられるようになりたい

 

99.死ぬ間際に後悔を残さない

 

100.どんな分野でもいいから、人の心を動かせるような事がしたい

 

 

 

 

アァーー疲れた。

読むのは数秒で出来てしまうリスト作成に、実に1月ちょいもかけてしまいました。

 

気になった方は作ってみてはいかがでしょうか。おすすめです。

 

随時進捗状況を更新したいと思っています。

それでは。

 

 

 

ひがな

人生におけるTo Do

 

皆様こんにちは、ひがなです。

日中も涼しくて過ごしやすくなってきましたね。夜の散歩にしろ車にしろ、風を感じるのが気持ちよくてこの季節は好きです。

 

 

さて、皆様は『To Do リスト』というものを耳にした事があるでしょうか?

 

To Doリストというのは、要は『やる事リスト』ですね。

 

卵を買って帰る、や書類を提出する、なんて日常的なものから

 

世界一周する、有名人に会う、なんて無期限でいつかしてみたい事を書くっていう便利なリストですね。

 

そして僕がやりたいのが100個、To Doを作っての進捗管理です。

 

ロバート・ハリスという作家をご存知でしょうか。この人は若い頃に放浪の旅をしたりだとかした作家さんなのですが、この人が書いた著書に『人生の100のリスト』という本があります。

 

この本では、無期限でやりたいことをリストアップしていくことによって、自分がどういう人間なのか、自分の人生の方向性とは、等といったなかなか答えを見つけづらい事を明確にしていくというTo Doリストを推し進めるような本でした。

 

 

いやあ、僕も自分の人生の答え欲しいですね。

 

て事で、書いてみる事にしました!

 

ですが、何分小さい人間ですので、そう大して凄い夢なんてのは無いんじゃないかなあなんて思います。

 

 

 

この記事では読みづらくなっていってしまうので、次の記事から書いていきます。

 

少し時間がかかりますがよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

ひがな

皆様こんにちは、ひがなです。

 

いやあ夏の暑い事暑い事!

殺す気でかかってきてますね。

 

 

 

思うことがありまして。

僕の周りには、もう立派に働いて、『親』になる人間が割と居ます。

羨ましくも思う反面、僕なんかには到底追いつけないとこに居るなあ何て少しだけ思います。

 

僕の家族は少し特殊です。

その特殊な家庭を支えている大黒柱が父なのですが、その父が特殊な家庭足りうる要因の筆頭なのです。

 

えと、まず父親は今年32歳です。

僕と12歳差ですね。

なんとビックリ、12歳の時の子供なのか…!と思いきやそうでもない。母の再婚相手なわけですね。

なので弟や妹とも血は半分しか繋がっていません。

小学1年生の時、当時20歳だった父親を見た時は子供ながらに「なにやってんだよオカン…」と絶句した覚えがあります。

 

まあ今となっては片親や継母、継父なんてそう珍しい事でも無いと僕は思うんですけどね。

 

 

当時20歳、要は今の僕と同い年です。

僕に今日から8歳の息子ができた、何て事態になったとしたら僕はしっかりとした大人に育て上げる事が出来るのでしょうか。

ちゃんと褒め、ちゃんと叱る事ができるでしょうか。

そんな僕の有りもしない不安なんて何処吹く風、僕の父は若いとはいえしっかりと稼ぎ、僕の家族を食べさせてくれたのでした。

 

勿論、若いので子供の躾なんて戸惑ったに違いありません、殴られたりするのも多々ありました。

ですが大人になって、あの頃の父と同い年になった今、リビングで下ネタを飛ばし合う仲になっています。

 

学生の頃、最後に父に殴られた時。

小学生の僕にはとてつもなく大きく見えた拳も、分厚く見えた体も、今では僕とそう体格の変わらない、ただのオッサンになっていた事に強い衝撃を受けました。

 

父と暮らし始めてからも、なかなか「お父さん」と呼ぶ事ができず、本当の父親に会いたがっていたので、きっと沢山傷付けて、僕の知らないところで泣いたりもしたんだと思います。

 

僕が悪い事をした日、僕が学校を卒業した日、僕が受験に成功した日、僕が就職した日、僕が大人になった日…。

 

数々のターニングポイントで、本当の子では無い、僕の事を想う父の心情を想像する度、僕は少し泣きそうになります。

 

こんなSNSで、絶対に伝わらない場所だからこそ、今1度感謝の言葉を伝えたいです。

 

パパン、いつも迷惑をかけてごめん!いつか絶対GTR買ってやるからな!!!!

 

 

スマートなビジネスマンもカッコイイと思いますが、僕はあのだらしなくて屁が臭くてロバート秋山みたいな顔で、でも仕事となるとテキパキとこなす父親が、凄くカッコよく見えます。

 

 

これから父親になる人、母親になる人。

全員の家庭の今後の発展と進化を願って、この話を締めさせて頂きたいと思います。

 

小っ恥ずかしい内輪話になってしまいました。

次からはブログの説明通りの、思った事や日常を書き逃げたいと思います。

 

 

 

 

父親になりてえ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひがな

乾坤一擲

皆様こんばんは。

今日もじっとりと暑いですね。

ひがなです。

 

 

音楽聴きながらお皿洗いをしていました。

と言うのも、明日は会社で決起集会といいますか、まあ少し規模の大きめの飲み会があるんです。

僕は普段車で通勤しているのですが、明日は多分お酒を飲むことになるので、駅まで迎えに来て欲しいので母へのポイント稼ぎとしてお皿洗いをしました。(ゲスい)

 

 

いつも車の中で聴く音楽を、イヤホンで聴くとまた違った印象を受けて何だか新鮮ですよね。

 

さて、聴いていた音楽といえば、僕の敬愛するマルチクリエイターであるまふまふさんの曲を聴いていました。

繊細な中に上手くダークなサウンドを落とし込んで、疾走感のある曲風がとても好きです。

 

 

そんなまふまふ氏のツイートで、下駄と扇子を購入した、呟かれていました。

 

夏ですねえ…としみじみするのはジジくさ過ぎますかね。

 

 

 

 

僕は夏が好きです。が、暑いのは嫌いです。

ですが、夏祭りや、日本の和な感じは大好物です。

浴衣を1着持っているのですが、たまに意味もなく着て家の中をウロウロする程度には好きです(?)

 

話を戻しまして、まふまふさんが下駄を履いて夏を過ごすなら、真似っ子して僕も履こう!と言うことで下駄を靴箱から出してきました。

これで夏を満喫するぞー!おー!!

 

 

 

 

本題に入ります。

下駄を履いてコンビニに出掛ける途中、足元を見て「何だか寂しいな」という感想を抱きました。

そして帰って、黒のマニキュアを足の爪に塗って、扇風機で乾かしました。扇風機の前で全力の足指開きをしている僕。滑稽ですね。笑

 

 

メンズマニキュア。

女性からはもちろん、男性からも支持を受けづらいコンテンツですよね。

マニキュアに限らず、昨今少しずつ浸透してきているメンズメイク等も、まだまだマイナーなジャンルなのでは無いでしょうか。

 

僕はV系が好きなので、メイクにもマニキュアにも抵抗はありませんし、幸い顔も女顔なので、そう大して変でもないと思いたいです。

 

話がまた逸れてしまいました。

要は、自分のしたい事をして、自分の着たい服、好きな色、好きなメイクをしよう、って事です。

 

僕が上司に言われた言葉を紹介します。

「『こうだからこう』ではなく、『こうだけどこう』にしろ」

 

うん、こう書くと全く意味がわかりませんね

要は、流動的に選択せずに生きるんじゃなくて、選択肢を自分なりに増やして、好きな道を行け、という事なんですね。

 

『男だからダメ』ではなく、いろんな技術を身につけて、『男だけどこう』にして行きたいよね。

 

 

それではこの辺で。

 

 

 

 

 

 

ひがな

 

妄想族

皆様こんばんは。

 

日曜日の夜、いかがお過ごしですか?

 

 

僕は映画を2本観てグダグタとしていたら日曜が終わっていました。

 

1本は好きな映画監督の新作を。

もう1本は『世界から猫が消えたなら』という作品でした。

 

この『せか猫』は、余命宣告をされた主人公の元に、悪魔を名乗る人物が現れて、「世界から何を消せば1日長く生きられる」と告げられて…という粗筋なのですが、作中で主人公の語りで「世界から僕が消えたとしたら」という台詞がありました。

その台詞について思うことがあったので記事を書いています。

 

 

もし仮に、僕がこの世界から消えたとしたら。

どういう影響があって、誰が迷惑して誰が喜ぶか、と考えていました。

 

まず僕の今の生活の主である、仕事。

一応済し崩し的に小規模ですが責任者を任されているので、上手く引継ぎが出来ていない今の状況で居なくなれば、恐らく仕事場はアワアワするでしょう。

ですが、それもきっと一時的なものだと思います。

 

 

そして友人。

根っこが強い奴らと付き合っているので、多分僕が居なくなったとして、悲しんでくれるだろうけど、また笑顔でいてくれると思います。

(悲しんでくれるだろうか……?)

 

 

家族。

せか猫の作中でも、家族との関係がかなりフューチャリングされてる印象を受けたのですが、きっと現実世界でも、僕や、これを読んでいる皆様が消えたとして、悲しまない家族なんてそうそう居ないのでは?

昨今では、虐待やネグレクトのニュースを嫌になるほど放送しています。

 

薬にも毒にもならない人間でありたいという僕の人生における表題に反する物言いかも知れませんが、虐待やネグレクトをする親、所謂『毒親』という奴らは、すべからくクズだと思っています。

理由?訳?知らねえよそんなもんー!!!ってビンタ張ってやりたいです。

 そんな奴らは親じゃねえ

 

 

とまぁ熱くなってしまいましたが、何が言いたいかと言うと、

 

子を愛してない親なんて多分居ない

だから皆様も消えたりしないで、めいっぱい生きてやりましょう。

辛くなることもあると思う、成功ばっかじゃないと思うけど、もし本当にしんどくなったら僕という天使のところに来てくださいな。

 

力になれるかは分からないけど、一緒に悲しんだり怒ったりしてあげます˙˚ʚ😇ɞ˚˙

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

ひがな

 

過去の脱け殻に縋る

皆様こんばんは。

 

ひがなです。

 

 

今日は仕事で落ち込むことがありました。

時々、何の為にこんな想いまでして働いているんだろうと考える事があります。

 

自分の関係ない事で頭を下げ、媚へつらって笑い、中身のない薄っぺらい感謝の言葉を言う事慣れている自分が気持ち悪くて気持ち悪くて仕方がありません。

 

それが大人になることならば、子供のままで居たいです。

ピーターパン症候群ってやつですかね(゚ρ゚)

 

 

 

 

気分が乗らないので、短めですがここで切らせて頂きます。

すみません。

 

 

 

 

昨日の記事、誤字だらけでむしろ面白かったです(笑)

 

 

 

 

ひがな

善行と偽善の違い

 

皆様こんばんは

ひがなです。

 

 

今お酒を飲んでいて、上手く文字が打てなくて、誤字脱字が多いかと思います、読み苦しいかとは思いますがご容赦ください。後日覚えてたら修正します。

 

へべれけってやつですね。

いい感じにふわふわして気持ちがいいです。

嫌のことも一時的に忘れられて良い逃避になるんじゃないでしょうか!

 

へへへ

 

今日お話しようと思うのは、僕の弟君のお話です。

 

今年16歳になる高校生の弟君は、種違いと言うのが正しいのでしょうか、半分だけ血が繋がっています。

だから僕なんかより背が高くて、かっこよくて、運動もできる、性格も僕とは全然違うタイプの人間です。

 

しばらく前から反抗期で、よく親と激しめの言い合いをしているのを聞きます。

鬱陶しいなぁなんておもいますし、昔は流血ものの殴り合いなんかもしてました。

 

ですが、先日弟君の個人懇談があったらしく、学校の先生と母が話した時のことを聞きました。

 

聞くところによれば、弟君は学校ではとても評価が良く、とてもよく笑う子で、優しいとの評価を頂いているそうです。

 

…家にいる時と真逆では…?(・・?)

と母は思ったそうな。

 

しかし学校では、車椅子の友人が登校してくる迄校門で待っていて、車椅子を押して一緒に談笑しながら登校したりするそうです。

 

僕は衝撃を受けました。

 

僕に同じことが出来るでしょうか。

勿論、その場に居合わせたとしたらいくらクズの僕も車椅子を押すくらいできたと思うます、が、毎日となると、多分できないんじゃないでしょうか。

 

今まで、家では乱暴かつ無口で横着だった弟君への見方が変わった瞬間でした。

 

 

『偽善』でも立派な正義である。という言葉を何度も聞きます。

弟のしている事が偽善だとは思いませんが、彼と、彼の友達の間に確かな信頼と共生の意があるのなら、それはたとえ偽善だとしてもとても素敵な事なのでは無いでしょうか。

 

 

 

弟カッケェよ…ᐠ( ᐛ )ᐟ

 

 

 

 

ひがな