微睡みの旋律の中で

好きな事や好きな服、食べ物、出来事なんかを徒然なるままに書き連ねたい

『リストカット』

皆様こんにちは。

ひがなです。

 

前回に引き続き、フォロワー様からお題をいただくシリーズ第2弾、『リストカット』です。

 

前の『依存』ってお題同様メンヘラチックなお題ですこと……。僕のフォロワーメンヘラばっかか。

 

 

えーと、リストカット

リストは手首でカットが切る…で手首を切る自傷行為を指しますね。

どうやら和製英語らしく、英語圏ではリストスラッシュと言うらしいです。諸説あります。

リススラ…?

 

 

依存の記事でも書きましたが、僕は自傷に走ってしまう人に偏見はありません。

僕自身メンヘラですからね。

なので、メンヘラがメンヘラたる理由になり得てしまう、この仕組みについてお話しましょうか。

 

ストレス解消の方法はこのご時世沢山あると僕は思います。

大声を出す、沢山食べる、身体を動かす…等。

でも、そういう解消法では解消されないストレスや鬱憤がありますよね

そんな行き場のないストレスは、いつしか責任の所在が自分自身になってしまうわけです。

自分が悪いから、自分がもっと普通だったら…と。

そんな『自己否定感』が、リストカット、及びその他の自傷行為へと繋がっていきます。

 

その時、痛みに反応して、所謂脳内麻薬と呼ばれる『ドーパミン』や、心の安らぎをくれる『セロトニン』という物質が脳からドバドバと放出されるそうです。

僕自身医学というか、脳科学に明るくはないので詳しいことは何とも言い難いですが、そういった物質を理性ではなく、無意識で欲してしまうような事が起これば、自傷行為というプロセスを経てしまうのも何となく頷けます。

自傷は衝動的なんて良く言いますからね。

 

この議題において、自傷行為自体はそう問題では無いと僕は考えます。

問題なのは、自傷行為をしてまで気を落ち着かせなくてはならない出来事が日常の中に潜んでる、という事なんですね。

改善できれば一番いいのですが、そうもいかないのが世の常。難しい問題です。

 

僕は昔、爪を噛んでいました。小学校低学年の頃ですかね。

しかし、高学年になるにつれてみっともないという自覚をして、辞めようと努力したのですが、そうすると次は口腔の内壁、要は口の中の皮を歯で噛みちぎってしまったり、指の逆剥けを執拗にちぎったりしてしまうようになりました。それは今でも直せていない癖です。

本当に無意識なんですよね…これ…。

このお陰で僕の指はいつだってボロボロ、気を抜くと口の中で血の味がするなんてのもザラにあります。

 

だからこんな僕が、リストカッターの人に偉そうに言うことなんてできませんが、それでもその自傷してしまう理由の早期解決を心から願っています。ひがなでした。

 

 

 

 

 

海外移住とかしてーな…

 

 

 

 

 

 

ひがな

 

『依存』

皆様こんにちは。

あけましておめでとうございます。ひがなです。

 

文章を書きたい気分だったので、お題をフォロワーさんに頂いて、只今書き連ねています。

 

頂いたお題は「依存」。

アルコール依存症をはじめ、煙草依存症、ギャンブル依存症恋愛依存症…etc.

 

様々なジャンルで聞く言葉ですよね。

斯く言う僕も、煙草依存症でした。

ある人の助け…いや懇願…?いや脅し…?で禁煙中ですが、今でもご飯あとなんかは吸いたくてしょうがないです。

 

まず依存症になる理由は沢山あるし、簡単に表現出来ないのですが、システムを無理やり書き起すなら

『心の穴を埋めるため』と言われています。

 

ショッキングな出来事、トラウマ、恐怖、そんなマイナスな感情、またはその逆から生まれてしまった心の虚を、何かに依存する事で埋めようとして、それが手放せなくなってしまうそうです。

しかし、依存症の数だけ理由はあると僕は思います。

 

例えば。

今日は仕事で辛いことがあった、お酒で忘れて無理やり寝よう!

なんて、身に覚えがありすぎる事例ですが、僕はアルコール依存症ではありません。

 

この場合、『仕事での辛いこと』が心の穴に当てはまり、「お酒」が埋めるためのセメントの役割なんですね。

 

ですが、『お酒で忘れる』という行為自体に、問題を解決する、つまり穴を埋められる効果はない訳です。

 

その一晩、眠るまで忘れられるだけで、穴自体は埋まっていないんですね。

だから次の日もお酒、その次の日も…と回数を重ねていくうちに、アルコール依存症になってしまうわけですね。

 

人間は慣れるものなので、『アルコール有りきの自分』にいつの間にかなってしまいます。

アルコールが無いと不完全、不安定。

そんな中で依存症になってしまうんですね。多分。

 

他のわかり易い例えをしてみましょうか。

「私はこの人の事が好き!この人以外有り得ない!」と思ったことあるでしょうか?

 

恐らくですが、この感情を持った時点でその人への依存に片足突っ込んでると思いますが、今回お話するのは「恋愛への依存」なので、「個人への依存」はまた別の機会に。

 

とにかく、誰か隣にいて欲しい、心の拠り所が欲しい…という感情が、恋愛依存症に繋がるんだと思います。

生憎、僕は恋愛経験が乏しく、依存症の土俵にも立てていないので、100%理解することは恐らくできませんが、まぁ何となく分からなくもない感情ですよね。

 

 

なんだか、長いこと書いてしまった気がしますが、まだ1000文字ちょいということに驚きが隠せません。疲れた。

 

 

依存症が悪いことなんて僕は思いません。

依存してしまった人の心が特別弱いとも思いません。

元を突き詰めていけば、大体の依存症の元が「好き」という感情だと思うんです。

それが、必死に生きてるうちに少しだけ、ほんの少しだけ歪んでしまった。それだけなんじゃないでしょうか。

 

じゃあその歪んでしまった「好き」が、どういう風に他人に、周りに波及していって、どのような影響を及ぼすのか。

そう真正面から自分と向き合って考えた時、何かに依存している人も、これは別にいい依存、これは良くない依存。と分別がつくんじゃないかなあと思います。

あんま無責任なこと言えないけどね。

 

 

煙草レビュー【KENT Click】

皆様こんばんは。

月曜日、いかがお過ごしでしょうか。

ひがなです。

 

一昨日の記事、読んでいただけましたでしょうか??

意外と煙草レビューネタの倉庫ということに気付きまして、味をしめて2つめのレビュー記事を書こうというクソ人間具合です。

 

今日はこちら

f:id:Hig4na:20180826215501j:image

 

KENT Click 5 AROMA 100's

 

一昨日の記事でも書いた、コンビニで買った新作煙草ですね。

謳い文句では『爽快スパークリング!』みたいな事が書いてあったので気になって買ってみた次第です。

中身はこちら

f:id:Hig4na:20180826215118j:image

電源ボタンみたいなマークがイケてますね。

このマークの下にカプセルが入っており、潰すとグレープでしょうか…?フルーツ系の匂いがします。

 

この煙草、ジェットフィルターといって、フィルターに特殊な加工が施してあります。パーラメントみたいですね

f:id:Hig4na:20180826220203j:image

f:id:Hig4na:20180826220212j:image

 

(見づらくてすみません)

この穴によって、喉に刺さる感じがして心地良いです。

余談ですが、このジェットフィルター、僕の舌に付けているピアスのボールと丁度合致するサイズなので、ガシッとハメて舌の上で煙草を立たせることができます。飲み会の席での持ちネタがひとつ増えましたね。

 

味はカプセルを潰さなければ割とスタンダードな弱メンソール煙草という感じ。

鼻に抜ける甘っぽい匂いもそう強くないです。

 

潰すとジェットフィルターの本気を体感できます。んまぁー喉がスースーする。

このタバコ自体はそこまでメンソールは強くないのですが、このフィルターを通すことによって喉に直接爽やかな煙が届きます。

 

面白い作りだと思いますよ。

 

値段は¥420と少し安め。

タールは1mmと5mmがあります。どちらもそう強過ぎないので、メンソールも含めて、結構軽めの煙草という感じでしょうか。

 

個人的に普段吸いにはあまり向かないかなと思いました。

 

 

KENTとは、かつての社長、ハーバート・ケントという方から取った煙草の名前だそうです。

ケントってなんか日本人にも結構いる名前ですよね。

 

 

さてこんなもんですかね!

意外と書くこと少ないから書いて見てびっくり。

それではまたお会いしましょー!

 

f:id:Hig4na:20180827133221p:image

 

ひがな

 

煙草レビュー 【ブラメンエッジ】

皆様こんにちは。

ひがなです。大変お久しぶりです。

 

飽き性が祟って長らく更新を放置していた次第です。すみません。

 

とても久しぶりの更新なので何を書こうか迷っていたのですが、ひとつ企画を思い付いたので今から執筆していこうと思います。

 

 

前提として、僕は喫煙者です。

1日1箱くらいは空けるんでしょうかね。

 

そんな中、昨日コンビニで煙草を購入する時に、レジ横に新商品の煙草を見かけまして、気になって買って吸ってみたのですが、ふと、『煙草のレビューをしてみよう…!』と思い立ったわけです。

非喫煙者の方には大変クソつまんない記事になるかとも思いますが、少しだけ言い訳させてください。

 

煙草とは、大体1箱500円弱しますよね。

そして中に20本入ってるわけです。

つまり1本25円なのです。

 

しかし嗜好品なだけあって、人には人の好み、吸いやすさがあるんです。

色んなのを試してみたい、だけどわざわざ500円で20本買っても好みじゃなかったら嫌だな…なんて思うわけです。

 

そんな時に読みたいのが煙草のレビューなんですね。

偉大なる先人達によってもう既にレビューをされているブログなんかは沢山ある訳ですが、ひとつ、僕もやってみようと思うわけです。

 

如何でしょうか、つらつらと書いてみたものの要は、煙草のレビューやりたいからやらせてや、って事ですね。

ちょっとした豆知識なんかも発信していけたらな、と思います。

 

先ずは僕の普段吸っている煙草

Marlboro Black menthol edge 100's 8mm

f:id:Hig4na:20180825152222j:image

(名前なっげえ…)

 

マルボロのブラックメンソールのスリムバージョン、edgeというシリーズですね。

タールの含有量が1mmのと8mmのが有りますが、僕は8mmの方を愛煙しています。

 

中身はこちら

f:id:Hig4na:20180825152406j:image

 

まず目に付く特徴がとにかく細い!でしょうか

最近流行り(?)の所謂スリム煙草ってやつですね。

一昔前なんかは女性向けに発売されてた印象があるのですが、今では色んな会社から細い煙草が発売されています。

 

フィルターは明るめの灰色で、側面に空気穴が5つ開いています。

 

吸った感じはメンソールが強めです。

辛味が強めなので苦手な方は気をつけてください。

わかる人にしかわからないのですが、昔のマルボロみたいな感じと言えば何となく伝わるかな、と。

 

革新的!って感じではなく、原点回帰的な意図を感じます。

 

このブラックメンソールシリーズはedgeではない、普通の太さの煙草も存在します。

値段は両方変わらず¥460です。

何故葉っぱの少ない方なの?と疑問に思われがちなのですが、これには理由があります。

 

カッコつけではなく、単純に葉っぱの質が全然違います。

まぁ普通に考えて、葉っぱの量が半分程の同じ煙草が同じ値段なわけないですよね。

 

エッジの方がコクが強く、旨みが全然違うと僕は個人的に思います。

 

さて、こんなもんでしょうか。

中々沢山書いてみた気がするのですが、余り中身の無いような内容ですね。精進せねば。

 

じゃあ豆知識をば。

Marlboroの意味についてです。

諸説あるのですが、僕が一番好きな説は

 

『Man always remember love because of romance only.』の文字を繋げてMarlboro

 

という説ですね。和訳しますと、

 

『本当の愛を見つけるために男は恋をする』

と訳せます。

素敵な話ですよね。まぁ、実際にフィリップモリス社からこういう話が出ている訳ではなさそうなので、ホントのところどうなのかは分からないままですが。

 

 

 

僕も本当の愛を見つけてみたいもんです…。

 

f:id:Hig4na:20180825154619j:image

 

 

ひがな

To Do リスト (2)

さて、それでは書いていきましょう!

 

何の話やら?って方は前の記事からどうぞ!

 

思いついた順なのでデカイ小さいは疎らになってしまうと思います。

 

1.アルファロメオのスパイダーを買う

 

2.人脈を広げたい

 

3.伝説の日本酒、北雪 大吟醸を飲む

 

3.親に車を買ってあげる

 

4.一生を捧げてもいいと思える人に出会う

 

5.友人の結婚式でスピーチをする

 

6.長期の旅行を友人としたい

 

7.人の心を動かせるような音楽を作りたい

 

8.自傷癖を治したい

 

9.髪の毛を全く色素の無い白にしたい

 

10.人に教えられるレベルの化粧男子になる

 

11.バンジージャンプがしたい

 

12.スカイダイビングもしたい

 

13.二重の整形をしたい

 

14.全国のポケモンセンターに行きたい

 

15.ホワイト企業に転職したい

 

16.娘の彼氏に「うちの娘はやらん」と言いたい

 

17.娘の彼氏と仲良くなりたい

 

18.娘の結婚式で号泣したい

 

19.猫を飼いたい

 

20.まふまふさんに会ってみたい

 

21.よききくんにも会ってみたい

 

22.寝飽きるまで眠りたい

 

23.猫背を治す

 

24.朝人間になる

 

25.人を泣かせられる小説を書いてみたい

 

26.夜通し運転して綺麗な海に行きたい

 

27.音楽活動を再開したい

 

28.母校にお邪魔して感傷に浸る

 

29.ワイルドスピードを完結まで観たい

 

30.タトゥーを刺れたい

 

31.人に馬鹿にされない職に就きたい

 

32.キャンプがしたい

 

33.同棲がしたい

 

34.シェアハウスもしたい

 

35.フリーハグをしてみたい

 

36.友人と夜通しホラゲをやりたい

 

37.ロンドンに行きたい

 

38.献血に行く

 

39.マスター、いつもの。って言う

 

40.カッコイイオッサンになる

 

41.伊勢神宮で参拝しつつ地酒を嗜む

 

42. T.Mさん(イニシャル)と仕事をする

 

43.普通の暮らしを作る

 

44.軍艦島に行く

 

45.一生着たい服を着る

 

46.おしゃれさんになる

 

47.服のデザインをしてみたい

 

48.また大勢の前で歌いたい

 

49.美味しくブラックコーヒーを飲みたい

 

50.幼馴染に会う

 

51.同姓同名の人と会いたい

 

52.水族館に行きたい

 

53.血の繋がった父親に会う

 

54.ワイシャツの似合う大人になる

 

55.ダイエットをする(-10kg)

 

56.小学生の頃の恩師に会う

 

57.温泉旅館に泊まりたい

 

58.死ぬ迄本を読み続けたい

 

59.富士山から日の出を見る

 

60.生け花とかしてみたい

 

61. 人を使う側の人間になりたい

 

62.武骨で男臭いガレージが欲しい

 

63.タランチュラを飼いたい

 

64.クリエイティブな事をしたい

 

65.手取りで35万円稼げるようになる

 

66.頼り甲斐のある男になる

 

67.北海道に旅行に行きたい

 

68.外車に乗りたい

 

69.ラペルピンを買う

 

70.仲良しのフォロワー全員に会う

 

71.完全に自分のお金でクラブのVIPでシャンパンを開けたい

 

72.でかい雪だるまを作りたい

 

73.釣りがしてみたい

 

74.ペン字を練習したい

 

75.文章力の向上

 

76.フルスペックのMac bookを買う

 

77.DTM復帰

 

78.ダブルベッドを買う

 

79.パソコンのメモリを拡張する

 

80.2着目の浴衣を買う

 

81.実家暮らしをやめたい

 

82.貯金!

 

83.吐くまで桃を食べたい

 

84.お酒強くなりたい

 

85.服屋さんでこっからここまで

くださいってやる

 

86.ヴィヴィアンのオーブライターを買う

 

87.まふまふさんと曲を作る

 

88.プロレスを見に行く

 

89.けいおんの聖地に行く

 

90.宮崎のキツネ村に行く

 

91.野球がしたい

 

92.好きな漫画を完結まで読みたい

 

93.高級な寝具を揃える

 

94.5弦ベースを買いたい

 

95.綺麗な部屋の維持

 

96.禁煙

 

97.禁酒

 

98.焼き魚を綺麗に食べられるようになりたい

 

99.死ぬ間際に後悔を残さない

 

100.どんな分野でもいいから、人の心を動かせるような事がしたい

 

 

 

 

アァーー疲れた。

読むのは数秒で出来てしまうリスト作成に、実に1月ちょいもかけてしまいました。

 

気になった方は作ってみてはいかがでしょうか。おすすめです。

 

随時進捗状況を更新したいと思っています。

それでは。

 

 

 

ひがな

人生におけるTo Do

 

皆様こんにちは、ひがなです。

日中も涼しくて過ごしやすくなってきましたね。夜の散歩にしろ車にしろ、風を感じるのが気持ちよくてこの季節は好きです。

 

 

さて、皆様は『To Do リスト』というものを耳にした事があるでしょうか?

 

To Doリストというのは、要は『やる事リスト』ですね。

 

卵を買って帰る、や書類を提出する、なんて日常的なものから

 

世界一周する、有名人に会う、なんて無期限でいつかしてみたい事を書くっていう便利なリストですね。

 

そして僕がやりたいのが100個、To Doを作っての進捗管理です。

 

ロバート・ハリスという作家をご存知でしょうか。この人は若い頃に放浪の旅をしたりだとかした作家さんなのですが、この人が書いた著書に『人生の100のリスト』という本があります。

 

この本では、無期限でやりたいことをリストアップしていくことによって、自分がどういう人間なのか、自分の人生の方向性とは、等といったなかなか答えを見つけづらい事を明確にしていくというTo Doリストを推し進めるような本でした。

 

 

いやあ、僕も自分の人生の答え欲しいですね。

 

て事で、書いてみる事にしました!

 

ですが、何分小さい人間ですので、そう大して凄い夢なんてのは無いんじゃないかなあなんて思います。

 

 

 

この記事では読みづらくなっていってしまうので、次の記事から書いていきます。

 

少し時間がかかりますがよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

ひがな

皆様こんにちは、ひがなです。

 

いやあ夏の暑い事暑い事!

殺す気でかかってきてますね。

 

 

 

思うことがありまして。

僕の周りには、もう立派に働いて、『親』になる人間が割と居ます。

羨ましくも思う反面、僕なんかには到底追いつけないとこに居るなあ何て少しだけ思います。

 

僕の家族は少し特殊です。

その特殊な家庭を支えている大黒柱が父なのですが、その父が特殊な家庭足りうる要因の筆頭なのです。

 

えと、まず父親は今年32歳です。

僕と12歳差ですね。

なんとビックリ、12歳の時の子供なのか…!と思いきやそうでもない。母の再婚相手なわけですね。

なので弟や妹とも血は半分しか繋がっていません。

小学1年生の時、当時20歳だった父親を見た時は子供ながらに「なにやってんだよオカン…」と絶句した覚えがあります。

 

まあ今となっては片親や継母、継父なんてそう珍しい事でも無いと僕は思うんですけどね。

 

 

当時20歳、要は今の僕と同い年です。

僕に今日から8歳の息子ができた、何て事態になったとしたら僕はしっかりとした大人に育て上げる事が出来るのでしょうか。

ちゃんと褒め、ちゃんと叱る事ができるでしょうか。

そんな僕の有りもしない不安なんて何処吹く風、僕の父は若いとはいえしっかりと稼ぎ、僕の家族を食べさせてくれたのでした。

 

勿論、若いので子供の躾なんて戸惑ったに違いありません、殴られたりするのも多々ありました。

ですが大人になって、あの頃の父と同い年になった今、リビングで下ネタを飛ばし合う仲になっています。

 

学生の頃、最後に父に殴られた時。

小学生の僕にはとてつもなく大きく見えた拳も、分厚く見えた体も、今では僕とそう体格の変わらない、ただのオッサンになっていた事に強い衝撃を受けました。

 

父と暮らし始めてからも、なかなか「お父さん」と呼ぶ事ができず、本当の父親に会いたがっていたので、きっと沢山傷付けて、僕の知らないところで泣いたりもしたんだと思います。

 

僕が悪い事をした日、僕が学校を卒業した日、僕が受験に成功した日、僕が就職した日、僕が大人になった日…。

 

数々のターニングポイントで、本当の子では無い、僕の事を想う父の心情を想像する度、僕は少し泣きそうになります。

 

こんなSNSで、絶対に伝わらない場所だからこそ、今1度感謝の言葉を伝えたいです。

 

パパン、いつも迷惑をかけてごめん!いつか絶対GTR買ってやるからな!!!!

 

 

スマートなビジネスマンもカッコイイと思いますが、僕はあのだらしなくて屁が臭くてロバート秋山みたいな顔で、でも仕事となるとテキパキとこなす父親が、凄くカッコよく見えます。

 

 

これから父親になる人、母親になる人。

全員の家庭の今後の発展と進化を願って、この話を締めさせて頂きたいと思います。

 

小っ恥ずかしい内輪話になってしまいました。

次からはブログの説明通りの、思った事や日常を書き逃げたいと思います。

 

 

 

 

父親になりてえ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひがな